読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソ連での義父母の面白い話

夫の実家にきている。

義理の両親は、夫が生まれる前後の十数年の20代〜30代にかけて、

ソ連在住で当時の話をよくしてくれる。

 

・乾杯するとき健康を祈る口上。

・おやつが生のニンジンやグリンピースだったこと。

・お酒に酔って外で寝るから凍傷で指のない人がたくさんいたこと。

・トイレの内側まで指で磨くほどキレイ好きなこと。

・「すぐそこよ」と言われてついていくと2〜3時間歩くこと。

…等々、

 

何度聞いても興味深い話が尽きない。

中でも一番面白かったのは、

 

長年KGBに勧誘され続けた話。

仕事で滞在するソ連の先々のホテルに、

必ずいて、スパイ勧誘を受け続けていたそうだ…

勿論断ったのだけど。

家族が病気になった際にも、

どこから情報を得たのか、必要なものがないか聞いてきて、

当時社会主義国だった物の無い時代に、

何かしら物資の斡旋をしてくれようとしたらしい。

(受け取ると危険だから決して受け取らなかった) 

何十年もたった今でこそ話せるが

当時はとてもおそロシかったに違いない…

 

そんな義父母はよくロシアの家庭料理を教えてくれ、

今回特に簡単でロシアのどこの家庭にもある、

ピクルスの作り方を教わった。

 

 〜ロシア流ピクルスの作り方〜

《用意するもの》

●瓶

●ピクルスにしたい野菜(キュウリやミニトマト、人参など)

●海水くらいの塩水

月桂樹の葉1〜2枚

●(あれば)ニンニク、ディル、粒の黒胡椒を適量

 

 《作り方》

 1.海水くらいの濃度の塩水を沸騰させる

2.瓶に月桂樹の葉、その他あればニンニクのスライスや黒胡椒のホールなど適量にいれ、野菜を入るだけ敷き詰める

3.お湯を瓶の口から溢れるくらいいれる

4.蓋をしめてできあがり

f:id:aitohgo:20161011153804j:imagef:id:aitohgo:20161011153852j:image

(※画像はロシアの瓶に義母でつめたもの)

 

 キュウリなんかは翌日から食べれるみたい。

トマトは皮がつるまでしばらく漬けたらおいしそう。

あふれるまでお湯を注ぐことで殺菌になり、

酢をいれずとも自然にすっぱくなるそうだ。

出来上がったらサラダやパスタに和えたり、

このミニトマトのピクルス液なんかは、

二日酔いにとても効くそうで、

お酒の大好きなロシア人はぐいぐいと飲むという。

 

大きな瓶が空いて、

いいディルが手に入ったらわたしも挑戦してみよう。